クレジットカードと言われてすぐに思い浮かぶのは、現金がなくてもカード決済ができるということで、支払い方法を選べることや、キャッシングによる現金の引き出しなども代表的な機能として挙げられます。
しかし実際にはそのほかにもさまざまなサービスがあり、日常で利用できるものが多いのに、あまり知られていないと言われています。

ポイントの基礎知識

クレジットカードには、クレジットカードを使用するとその金額に応じてポイントが付与され、貯めて使えるポイントプログラムがあります。
ほとんどはポイントを貯めて金券や商品と交換するプログラムが主流ですが、近年では1ポイントを現金換算して現金の代わりに使えるプログラムも増えています。

ポイントプログラムとポイントの使い方

ポイントプログラムはさまざまなクレジットカードで実施されていて、大体1000円のカード利用に対して1ポイント貯まり、1ポイントを5円から3円相当として使用できるものが多いです。
また通常の貯め方に加えて、クレジットカードの年間利用金額に応じてポイント付与率がアップすることがあり、頻繁にカードを利用しなくても、ボーナスをあてにして年に数回大きな買い物をする方にも有利になっています。

ポイント付与率のアップはカード会社が提携している優良加盟店でカード決済をするときにも適用され、最大で3倍から7倍になることもあります。
ポイント付与率アップの情報は、会員誌などに記載されています。

ポイントを使うにはいくつかの選択肢があり、商品、金券、キャッシュバック、提携プログラムへのポイント移行、その他各カード会社オリジナルの特典と交換できます。
例えば航空会社のポイントプログラムでは、マイレージが有名ですが、航空券の代わり、座席のグレードアップ、提携ホテルの宿泊関連、電子マネーに交換でき、守備範囲が広く設定されています。

クレジットカードで利用できる保険の基礎知識

クレジットカードを作るとサービスの一環として各種保険が付いてきます。
カード会社によって内容は少しずつ違いますが、代表的な保険では4種類あります。

代表的な保険4つの特徴

カードを作るとついてくる保険には大きく分けて4種類あり、カード発行会社の系統によっても内容が変化することがあります。

・海外旅行傷害保険
海外旅行中に起きた対象者の治療費の全般をサポートします。
カード会社によっては、携行品の故障・盗難に対応している損害保険や、ホテルの設備を破損したときに使える賠償金補償などもあります。

・国内旅行傷害保険
グレードの高いカードに付いていることが多く、ゴールドカード以上が対象となりやすい保険です。
利用付帯などの条件が付いていることが多いです。

・ショッピング保険
カード決済で購入した商品の破損、盗難、火災被害を補償します。
カード会社によっては保険の名称が異なりますが内容は同じです。

・盗難紛失保険
クレジットカードが盗難にあったり、紛失したとき、不正利用されて損失が出た部分を補償します。
各種カードに必ず付いている保険で、あまり知られていません。

これらの保険はクレジットカードを作ったときに自動で付いてくるものなので、掛け金はかかりません。
カードのグレードが高くなると内容も充実します。

また保険が利用できる条件があり、カードを持っているだけで補償される「自動付帯」、カードを利用することで有効になる「利用付帯」があります。
海外旅行の際には条件が異なることもあり、入会のときに確認しておくと良いです。

さらに、このカードに付いてくる保険にはオプションがあります。
自動で付いてくる補償内容では物足りない方や、特定の保険を付けておきたい方におすすめです。

・個人賠償責任保険
身の回りでありうる損害賠償事故の補償ができる保険で、オプションで任意加入できる優待制度があるカードもあります。
JCBカードはその代表的なもので、掛け捨てですが最高1億円の補償で月額200円から加入できます。

・ゴルファー保険
プレー中のトラブルはもちろんのこと、ホールインワン達成時のお祝い費用に対しても補償します。
一般のカードに付いていることはあまりありませんが、自動で付いているものではダイナーズクラブビジネスカードなどのハイグレードなカードで手厚い補償が特徴的です。

・海外旅行保険
年会費無料のカードに自動で付いてくることが少ない海外旅行保険は、ほとんど利用付帯です。
補償内容が充実しているとは言い難いものの、さまざまな特典利用も兼ねているので、海外旅行が多くて海外旅行保険が欲しい方にはぴったりです。

オプション保険の申し込み方はほとんどはカスタマーセンターに電話をかけて申し込みます。
カード会社のWebからも可能で、掛け金はほとんど無料か、少額となっています。

クレジットカードのその他の特典やサービスの基礎知識

クレジットカードを所有していると、旅行や出張のときに、空港や車を手配するときなどに便利に利用できるサービスがあります。
中には無料で利用できる特典もありますが、あまり知られていないことが多いです。

利用できる特典とサービス

航空系のクレジットカードを所持している方や、ダイナーズクラブカードや、AmericanExpressカードなどのステイタスカードを持っている方は、無料で空港のラウンジを利用できます。
人数制限はありますが同伴者も無料となるので出張のときなどスマートに待ち時間を過ごせます。

移動の際の手荷物は、空港内では専任のスタッフが運んでくれるポーターサービスや、待ち時間に荷物を預かってもらえる空港クロークなどを利用できます。
搭乗待ちの時間を有効利用でき、食事やショッピングにあてることもできます。

その他では、出発と帰国のときに提携タクシー会社が送迎をしてくれたり、空港まで自家用車を利用した場合に利便性の良いパーキングに預けて置けるサービスなどもあります。
どれもちょっとしたサービスですが、知っていて使えるだけで、スマートかつカッコ良く見せることができます。

航空関連以外のサービスでは、ガソリン系のサービスがあります。
ガソリン系のカードを所持していると、ガソリン代の値引きが適用になり、リッターあたり何円引きといったサービスを受けられます。

車を運転中にトラブルが起こったら利用できる、ロードサービス、スペアタイヤ交換、といった車に関する特典を受けることができます。
レッカーサービスについては有料の場合と無料の場合があり、カードのグレードや種類によって変わります。

バッテリーがあったときも利用でき、バッテリーの復旧なら無料で、交換となると費用がかかります。
その他では良くやりがちなカギを車内に入れたままロックをしてしまったときに対応する鍵開けサービスがあります。
ガソリン系カードの特典は、いざというときに安心できるものが多く利用価値が高いといえます。

法人カードを利用している方は、ビジネスシーンで役立つ特典があります。
例えば、航空券の予約サービスや、タクシーチケットの配布などです。

航空券を優先的に予約できるサービスは急な出張のときに便利ですし、タクシーチケット配布は、タクシーを利用したときにサイン1つで会計を済ませることができるものです。

有効活用すればかなりお得になるサービス

クレジットカードに付いているサービスや特典は、あまり知られていないことが多いですが細かいところまでしっかりと利用すると相当お得に利用できますし、気持ちの上でもリッチな気分を味わえます。
便利に活用してみてはいかがでしょうか。