クレジットカードが便利に使えるカードであることはクレジットカードを持っている方も、これから作ろうとしている方も大体の内容を把握しています。
クレジットカードは便利なほかに、どのような意味があるものなのか、クレジットカードの基本情報を見ていきましょう。

クレジットカードとは?

クレジットカードのクレジットとは、「credit」と書いて信用を意味する言葉です。
つまり単純に考えればクレジットカードは利用者に対する信用によって発行されているカードという意味があります。

クレジットカード会社からの信用の高さは、利用できる限度額に比例しています。
無職やアルバイトの方より、安定している職業についている方の方が利用できる金額は大きくなります。

クレジットカードの申し込みから審査・手元に届くまで

クレジットカードの入会資格は法律では決まっていませんが、一般に18歳以上で未成年者には親権者の同意が必須条件です。
基本は有職者で安定的な収入があることで支払い能力の有無を認められることが重要です。

入会資格を満たす方で申し込みに必要なものは、本人確認ができる運転免許証やその他の写真付き身分証明書、銀行口座、印鑑です。
オンライン・郵送・カード会社のカウンターで申し込むことができ、必要書類を準備するほかに申込書を書いて提出します。

クレジットカード会社は申し込みを受けて本人を審査します。
自宅か勤務先への電話による本人確認を行い、カードの利用実績や、借入状況などの信用情報をチェックします。
審査が厳しいカード会社は信用確認や希望している限度額に対して慎重に審査を行い、若干時間がかかることもあります。

審査に通ると早ければ1週間以内、遅くても3週間以内に審査結果とともに本人確認用の書類が郵送されます。
届いた書類に再度個人情報を明記して必要書類を添付し返送します。
書類に不備がなければ、数日から2週間程度の間にクレジットカードが発行され郵送で届き、手にすることができます。

クレジットカードの使い方

クレジットカードの使い方は大きく分けて2種類あり、1つはショッピング枠を利用した後払いによる買い物で、買い物のほかには水道光熱費やスマホ代などの固定費を支払うことに利用します。
もう1つはキャッシング枠を利用して現金を引き出す方法で、これは金融機関で借金をすることと同じで、カード会社から直接お金を借りることになります。

この方法以外に近年ではクレジットカード現金化に使用する人もいます。
ショッピング枠を利用した現金化で、賛否両論が飛び交う使用方法です。

ショッピング枠もキャッシング枠もカードを所有している方の条件によって限度額があります。
限度額を超える金額は使用不可となっており、またどちらの枠も使用した金額は必ず支払いを行うことが大原則です。

クレジットカード利用時の基本的な注意点

クレジットカードは信用の元で発行されているものです。
その信用はクレジットカードを正しく使用することによって継続的なものとなり、使用限度額にも後々影響してくることがあります。
クレジットカード利用時の基本的な注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。

クレジットカード使用における注意点

クレジットカードは発行された本人以外の利用は家族や夫婦でも原則認められていません。
同時に他人や友達に貸したり渡すことも、暗証番号を教えることも認められていません。
クレジットカードが本人以外の誰かに使用されたとしても、本人の管理を問われたり責任を取るのは本人ということになりますので注意が必要です。

まだ警察などの公的な機関でもクレジットカードの暗証番号を確認することは一切ありませんので、万一誰かに暗証番号を確認したいと言われたときは絶対に教えないことが重要です。

クレジットカードは裏面に署名欄があり必ず署名する必要があります。
署名の無いカードは原則利用不可で、署名の無い状態では違法性があると判断することもありますので必ず署名をしましょう。
クレジットカードが本人のものだという証明ができればよく、イニシャルや日本語名、アルファベットなどでも対応しています。

クレジットカードを万一紛失したり、引っ越しなどで登録情報が変化したとき、利用明細に不明な点があるときは迷わずクレジットカード会社に連絡を入れて詳細を確認してください。
海外での使用履歴がある方は特に気を付けてチェックする必要があります。

クレジットカードはさまざまな信用を証明できるカード

クレジットカードは自分とカード会社の間の信用が元となって発行されるものです。
そのためどんなに自分を別人と偽ったとしても作ることは不可能です。

信用の元に発行される特性を生かして、近年では婚活サイトでは使用料金をクレジット払いにすることでクレジット証明とすることもあります。
クレジットカードの審査の厳しさを利用して、支払い能力のある人、審査に通った人、として信用することもあります。